ランキング常連の返礼品、佐賀牛はやはり美味しかった!

 

現在、33歳になる男性会社員です。

 

 

ふるさと納税,ランキング,さとふる

 

 

大阪府在住で、妻との2人暮らしですが、私の実家が近所にあります。

 

そのため、日々の食事は、妻と両親も含めた4人で採ることが少なくありません。

 

 

 

「さとふる」でふるさと納税を始めたきっかけは…。

 

ふるさと納税については、知人の話で知りました。

 

ある日、「ふるさと納税」で年間の4人家族のお米代をほとんどまかなっていた話を知人から聞き、「そんなにお得な制度があるのか!」と驚くともに、私もやってみたいという想いを抱くようになりました。

 

しかし、ふるさと納税の制度の内容をよく知らず、どうすればよいかわからないままに日々を過ごしていたところ、テレビCMで「さとふる」のことを知り、手軽に納税ができるということを知って、チャレンジしてみることにしました。

 

一応、他のサイトも見てみましたが、とりあえず「CMをやっている」という安心感が、最終的に「さとふる」にした決め手になりました。

 

 

 

私が選んだ返礼品はこれ!

 

今回、私が選んだ返礼品は佐賀牛A5〜A4特選切落とし1.1kgです。

 

 

 

 

ランキングにあって、口コミの評価がとても高かったというのが、理由です。

 

 

寄付の手続きをしてから、自宅に返礼品が届くまで、だいたい3、4週間待ったと思います。

 

当初は、「1.1キロある」ということでとってもボリュームがあってお得だと喜んでいたのです。

 

しかし、実際に届いてみると、かなりのボリュームがあって、自宅の特に整理をしていなかった冷凍庫には半分くらいしか入れることができませんでした。

 

 

切り落としなので案外スペースをとらないと思っていたのですが、そんなことはありあませんでした。

 

なので、とりあえずすぐに食べるであろう分だけを冷蔵庫に入れ、残りは冷凍庫に無理やり詰め込みました。

 

 

今考えると、冷凍庫を整理するなど事前に迎え入れる準備が必要だったなと反省しています。

 

 

実際に食べてみて、

 

案内書きに「牛丼が特におすすめ」とあったので、牛丼にしてみることにしました。

 

 

 

 

一般的な牛丼屋さんで食べるものとは全く異なり、やわらかく脂が口の中でじゅわっと広がっていく感覚が最高でした。

 

他の家族は「脂がなんとなく甘いような感じがした」と言っていました。

 

 

私は、特に感じませんでしたが、妻は、「脂がしつこくなく、食べた後もすっきりとした感じが残っていた」と言っていました。

 

品質の良いお肉である証拠なのでしょうか?

 

すき焼きにもしてみましたが、なぜか家族の感想は

 

「まあ、これくらいの美味しさはするよね」

 

という、ありきたりな感想でした。

 

 

 

佐賀牛の味に慣れてしまったのか?すき焼きはベストな調理法ではないのか?

 

この点ははっきりとしませんが、我が家で試してみた感想としては、牛丼が最高に美味しいメニューだったということです。

 

量としては、大人4人家族が2回に分けて食べて、全員がおなかいっぱいと感じるほどの分量でした。

 

3回に分けてもいけそうでしたが、早めに食べたほうが味が落ちないだろうと思い、2回で使い切りました。

 

 

次は、北海道の牛肉を食べたい!

 

私が、次回に選びたい返礼品は、ボリューム満点1kg切り落とし!旭高砂牛切り落としセットです。

 

 

 

今回は、九州産の牛肉を味わったので、今度は北国の北海道の牛を味わってみたいと思ったのと、今年発生した大地震で被災した北海道の支援にも役立つのかなと思ったのが理由です。

 

 

単純に募金などで支援する方法もあると思いますが、「ふるさと納税」であれば美味しいお肉を手に入れることもできるし、友人・知人などにも「こういう方法で北海道を支援することもできるんだよ」とすすめやすいと思っています。

 

返礼品を探しながら、納税の金額に余裕があれば、北海道の複数の市町村にふるさと納税し、肉以外にもいろいろと返礼品をもらって、家で北海道の食材をふんだんに使ったパーティーをやってみたいと考えています。