ランキングで選んだ干物が大正解でした!

 

会社員勤めをしている33歳の女性です。出身は千葉ですが、現在、東京に在住し、夫と男の子1歳の3人暮らしです。

 

 

さとふる,クレジットカード,ふるさと納税

 

 

旅行がとても好きで、日本国内の47都道府県のうち、島根県と鳥取県を残してすべて制覇しました。趣味は山登りとキャンプなのですが、子供が生まれてからは、しばらく山登りには行けていません。

 

 

 

私がふるさと納税を始めたきっかけは…。

 

私が、ふるさと納税をしようと思ったのは、偶然見たテレビ番組で、ふるさと納税がどんなにお得かについての解説をやっていて、面倒くさい確定申告もしないで済む制度が始まったということを聞いたためです。

 

確定申告が不要な「ワンストップ特例制度」を使えば、(1)申し込み用紙をコピーして、(2)必要事項を記入し、(3)指定された個人情報の載った証明書を添付して寄付をした自治体に送付すれば終了するということで、意外と簡単にできそうと思ったこと。そして、この3の手間を行えば日本全国の特産品を実質2000円で手に入れることができるという番組司会者の言葉に魅力を感じて、一度申し込んでみようと思いました。

 

そして、いくつかある「ふるさと納税」サイトのうち、「さとふる」を選んだのは、たびたびCMで流れていたことから、安心して利用できると思ったためです。

 

実際に利用してみて感じたことは、一度、会員登録をしてしまうと、複数年にわたって寄付した情報などの管理を行うことができるので、すごく便利だと思っています。

 

 

 

今回、私が選んだお礼品はこれ!

 

私が、今回選んだお礼品は長崎県長与町の「メガ盛り訳ありおまかせ干物セット」です。

 

 

 

 

干物ランキングを見ていて、目に留まったのが理由です。

 

 

 

自宅に届てみると…。

 

寄付を終えてから、1週間もしないうちに自宅に配達されてきました。

 

梱包は、いたってシンプルな段ボールに入っていました。段ボール箱を開けると、10種類近くの干物が入っていて、食卓が一気に華やかになりました。

 

内容量としても、とても量が多く、魚の種類は10種類、1袋に2尾ずつ入っていたので、合計で20匹以上の魚が入っていました。

 

中には、名前の知らない魚もあって、食べるのがとても楽しみです。

 

ただ、焼いて食べる以外の調理方法がわからないため、しばらくすると正直飽きてくるところはありました。

 

個人的には、「さば」や「さんま」などを2袋ずつ入っていたり、みりん漬けだけでなく、西京漬けなど、いろいろな味のものが入っていたりすると、もっと嬉しかっただろうと思います。

 

実際に姉にお裾分けをしたところ、大変喜ばれましたが、もし、贈答品として私がもらっていたら、他のものが良かったと考えていたと思います。笑

 

干物は少し地味なところもあるので、プレゼントには不向きかも知れません。

 

 

実際に食べてみたら…。

 

最初に、みりん漬けの「さば」と「さんま」、「あじ」をいただいたのですが、特に「あじ」が身も大きくて食べ応えがありました。

 

焼いた干物はとても香ばしい匂いがして、食欲がそそられます。

 

 

 

 

全部で20匹程度送られてくるのですが、これが1万円の寄付で手に入るなら、本当にお得だと思います。

 

私はもちろん、主人も大喜びですべての魚を美味しくいただいておりますが、まだ1歳半の子供は、好きな魚(アジとサバ)はよく食べるのですが、その他の魚はあまり食べてくれません。汗

 

あと、切り身だったら調理がもう少し楽になるかも?なんて思いました。少し贅沢な要求かも知れませんが…。